トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

鉄道もなかなか

すごい番組を見てしまいました。

走っている電車の運転席のアングルからずーっと線路だけを映している番組。

ナレーション一切なし。編集によるカットもおそらくほとんどなし。音声は実際の車内の音のみ。

たまたま見た回が、和歌山の貴志川線で、地名なども聞いたことがあったので少し興味がわいて、ちょっとだけのつもりで見ていました。

最初は「この番組ってこれだけなんsign02」と思わずつっこんでしまったのですが、見るうちにはまってしまいました。

和歌山駅から出発して終点の「貴志」まで30分ほどでしょうか。

マンションなどが見える市街地からどんどん郊外へぬけて行き、田舎の風景に変化していくのです。終点の貴志ではかの有名なネコの「たま駅長」が待っていました!

まるで自分が乗ってきたかのように書いてしまいましたが・・・その気分が味わえる番組ですね!

私は別に「鉄子」ではないですが、はまりました。

次回の「津軽鉄道」の回もぜひ見てみようと思います!

ところが・・・!この番組「ゆったり線路の旅」は京都チャンネルで放送されていたのですが、その京都チャンネルが今月いっぱいで放送終了になるというではありませんか!!(゚ロ゚屮)屮

せっかく面白い番組を見つけたのに・・・残念です。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラシックカー!

先週日曜日は、狭山池まつりへ行ってきました(もはや日記でなくてすみません)

あいにくの大荒れの天気typhoon 風と横なぐりの雨で傘がひっくり返りながらも、なぜその祭りに出かけたのかといいますと

「クラシックカー狭山池ミーティング」なるイベントを見に行くため

私はとくに興味はなかったのですが、夫の知り合いの方が愛車で参加しているとの事でクルマ大好きの夫にひっぱられてついて行ったのです

実際目の当たりにしてみると今の車にはない味があって、しぶい!かっこいい!!198_2

またオーナーさんのこだわりが感じられてなかなか面白いものでした。

60年以上も前の車が今もピカピカに整備されてて実際に走るのだから驚きですeye

193

こちらはかわいいミゼット勢ぞろい。

私の世代でギリギリ幼少時代に見かけているでしょうか。

年がバレる!?

195

ダイハツのエンブレムです。大阪城のモチーフです。

現在のダイハツのマークは1960年代後半から使用されているそうなので、それ以前のものでしょう。

車に詳しい人にとってではめずらしくないのかもしれませんが、

こんなの初めて見たので笑ってしまいました

本当は実際に走るところを見れるパレードもあったのですが、

寒さと雨とでくじけてしまって結局見ずに帰りました(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説・・・

先日、親友3人と食事に行ったときのこと。

1人は少し遅れるというので私と友達2人でメニューを見てたら、2人が肉料理の欄を見て「この豚ってワン!て鳴くんやろか!?」などと話しているのです。

何を言ってんねん、とよく見ると  犬鳴き豚の・・・(忘れてしまった

私は大阪南部在住の人間なのですぐにそれは泉州の犬鳴山のふもとで飼育されているブランド豚のことだとわかったけど、その2人は奈良と神戸。

笑ってしまいつつも新鮮な感覚をおぼえました。しかもメニューの「犬鳴き」のおくり仮名「き」はいらんやろ!もしかしてお店の人も勘違いしてるsign02

その後もう1人の友人も合流。彼女はまさに犬鳴山お膝もとの泉州人。

彼女は当然知っていましたが、さらに

「実は犬鳴山の名前の由来には切ない伝説があるねんで・・・」  

と言いかけて、しかしいつの間にかすぐに別の話題に切り替わったので(女子の習性coldsweats01

結局その話は聞かずじまい。帰ってからちょっと気になって調べてみました。

引用しようとしたけど長くなる!

犬鳴山七宝滝寺 のHPhttp://www.inunakisan.com/giken.html

に詳しく載ってました。興味のある方は見てみてください。

確かに切ないですcrying 犬好きには特にたまらんでしょう。。。

あ、勘違いしないでくださいねsweat01私は寺のまわしものでもなんでもありませんので!

ちなみに話は戻りますが、結局 犬鳴き豚の・・・(忘れてしまった) は売り切れで、食べることができませんでした(;д;)

以前別のレストランで食べたけれど、コクがあって美味しいpigでした。これも調べたら大阪で唯一のブランド豚とのこと。

最後になりましたが今回行ったレストランは堂島の「カフェ トゥレジュール」

豚は食べ損ねましたが他の肉、魚、パスタ、ピザ・・・どのメニューも美味しかったrestaurant

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はよいお天気だったので家から歩いてハイキングに出かけました。

我が家は河内長野市のほぼ南端。

住宅街を抜けて20分も歩くとそこは風光明媚な農村地帯です。191_4

私は和歌山育ちの田舎っ子なのでとくに驚きませんが、

大阪の下町育ちの夫は「家から歩いてこんな所に来れるなんて!!」

と感激しきりでした。

段々畑です。社会科教師の夫が説明するには、等高線農業といって傾斜地で土壌が流れるのを防止する農地のことだそう。

今まで何気なく見てたけど、そういえばよくできています。昔の人の知恵ですな。

このあたりを過ぎるとどんどん山道に入って行きました。

地図に載っているはずの道なので楽観していたのですが、木々に覆われた薄暗い道が続くと、道を外れてしまったのではsign02と不安になってきました。

そんなスリルもつかの間、道の向こう側からハイキング中の夫婦が歩いて来ました。

道は合っていました。ふもとまで無事下りることが出来てほっとしました。

近所で遭難!なんていい笑い種にされそうですからcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬フンチョコ

今日は2本目です!超ものぐさな私がなぜ!?

要するに今日は仕事休みでヒマなだけです。

そのヒマを利用して、2月のバレンタインで本当は作るはずだったトリュフを遅ればせながら作ることにしました。

トリュフとカッコつけて書きましたが見た目はごつごつした茶色の塊。

毎年作っているのですが、我が家では通称「馬フンチョコ」

見た目はそんな感じですがけっこうおいしいと好評です。

バレンタインって、結局夫は仕事関係の方からよく頂くので、せっかく作ってもチョコだらけになって食べきるの大変なのよねぇ。

ちょうどその週に忙しかったこともあり、材料だけ買ってたものの、またいつか・・・とほったらかしにすること約2ヶ月。生クリームの賞味期限も迫ってきたのでちょうどよい機会でした。

Photo レシピは大昔の「きょうの料理」のテキスト(平成4年!実家のおばあちゃんが捨てようとしてたのをもらった)に紹介されていたもの。

〈トリュフ15個分のレシピ〉

①なべに生クリーム4分の3カップを入れて温め、刻んだチョコ250gを加 え溶かす。

②そこにココア大さじ4、砂糖大さじ2、アーモンドプードル50グラムを入れて混ぜる。

③生クリーム4分の3カップを泡立てて②に加え、ラム酒小さじ1で香りをつける、底を氷水に当てながら、チョコが硬くなるまで混ぜる。

④ココアを広げたバットに③をスプーンで落とし、転がしながらボール状にし、冷蔵庫で冷やす。

これは本に載ってるまんまですが、なぜか私は半分の量で作っても15個くらいはできます。まんま作ったら多分多すぎるので半量をおすすめします!

今日も失敗せずに作れました。めでたしfuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロンコンサート

Lesson_takayama_2 昨日は「夢路歌(ムジカ)ウェーブ」サロンコンサート、本番でしたshine

100人限定の小さなコンサートだったのですが、満員のお客さまに来て頂いて無事終了しました。ありがとうございました。

写真は声楽のよしこちゃんと。伴奏させてもらいました。

もともとデカい上に10センチヒールで巨大化した私。ひざを曲げてますが・・・まだデカい(;;;´Д`)ゝ

「夢路歌」は3年ほど前から参加させていただいている音楽家のグループです。←こう書くとカタそうだな。。。でもカタイどころか、笑いの堪えない陽気な方々です(私も含め)。

肩ひじのはらない音楽会をいろいろ企画しています。

仲間入りさせてもらったきっかけは・・・

以前より仲良しの声楽家のよしこちゃんが参加していて、伴奏をお願いされてついていったのが最初でした。

はじめは驚きの連続でした。まずメンバーの多様さsign01楽器だけを挙げても

ピアノ、ギター、バイオリン、箏、フルート、尺八、マンドリン・・・もっとあるかも。そして声楽。

また多様なのは楽器だけではなくて、年齢もばらばら。

20代の若手声楽家がいるかと思えば、50代のおやじギタリスト(畑中さんすいませんsweat01)がいたり。

ピアニストが少なかったので私もメンバーに入れていただく運びとなったのです。

まだまだ私はペーペーですがこれからも頑張りますrock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝 ブログ開設!

これまでHP上に「ときどき日記」として書いていましたが

クリスマス会の記事以来更新がぴたっsleepyと止まってしまっていましたcoldsweats01

今日からはまめに書く意気込みですのでどうぞよろしくおねがいします(o・ω・)ノ))

さて第一回目は、私の最近のお気に入りのマスコットをご紹介します

Lesson_takayama_210_2

この子との出会いは3月末に旅行した広島県の宮島lovely

厳島神社への参道からちょっと横にそれた通りを歩いていたら

普通のお土産やさんとは違う風情のおしゃれな雑貨屋さんを

見つけました。

そのお店に吸い寄せられるように入ったら・・・

棚の上でニコニコとたたずんでいる彼を見つけてしまったのです。

身長は約15センチ。いわゆる こけし です。でもこんなの見たことないsign01

かわいいsign03

一目ぼれでした。私にとっては少々高かったのですが、連れて帰らずにはいられませんでした。

今は我が家のテレビの横の棚の上で癒しのオーラをふりまいていますspa

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年5月 »